有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

TAG index



【東京喰種:re考察】有馬貴将の強さの秘密に迫ってみた

 

東京喰種の登場人物の中でも最強レベルの強さを誇る
CCG最強の特等有馬貴将

有馬貴将

 

有馬貴将はその強さだけでなく、
彼についてのにも注目が集まっている。

 

今日は、作中最強キャラ有馬貴将の秘密を解き明かす。

スポンサーリンク

有馬貴将のハンパじゃない強さ

 

CCG内での活躍から多くの逸話が残る有馬貴将。
特に、有名なのが無敗のCCG捜査官『CCGの死神』として
喰種たちから恐れられている。

 

CCGでは、最高級位の特等だが、
同じ特等の篠原や黒磐とは比べ物にならないほどの強さ。

 

有馬貴将の実績
・過去、多くの実力ある捜査官がやられた梟を撃退した
・無敗の喰種捜査官
・ウタと同程度の実力をもつとされるかつての四方を軽くいなす
・隻眼の梟討伐戦にてルートv14を通る大量の喰種を一人で殲滅
・SSレート喰種級のカネキを瞬殺
・隻眼の梟を無傷で追い払う

 

と、今まで描かれてるだけでもチート級の強さだとわかると思います。

 

有馬貴将の主な戦闘方法
甲赫『IXA(イグザ)』と羽赫『ナルカミ
というクインケを両手で同時に操り戦う。
(通常、両手で同時にクインケを扱うことは困難とされるw)

 

甲赫『IXA(イグザ)』は主に防御用
四方の羽赫の攻撃、カネキの鱗赫での攻撃を
完全に防いでいました。

IXA

 

羽赫『ナルカミ』は攻撃用
電極のような部分から電撃を放ち攻撃するという
これまた規格外のクインケw

ナルカミ

 

気になるんですが、『ナルカミ』の元の赫子って
どんなものなんでしょうか

 

元の赫子も電撃をつかってたんですかね?
もしそんな喰種がいたらクソ強力すぎますよねw
でも、それを倒してしまう有馬って・・・

 

おまけに『ナルカミ』はモードチェンジも可能
電極からブレード状の武器となり、
近接攻撃にも対応できる。

 

モードチェンジって・・・
いちいちカッコ良すぎるよ有馬さん。

スポンサーリンク

有馬貴将の強さの秘密?

 

ここまで読んでいただけたら
有馬貴将の強さが異常すぎるということが
ご理解いただけたでしょう。

 

そう、有馬貴将の強さは異常すぎるんです。
それは人間のレベルを超えてしまっているほど。

 

そこで有馬貴将に対してある疑問が生まれました。
有馬貴将は喰種の能力を得ているのではないか?

 

確かに、有馬貴将の強さを見ると
そう思ってしまうのも無理ないのかもしれません。

 

有馬貴将は喰種なのか?

 

有馬貴将の喰種説が流れる根拠はこちら。
・有馬貴将の強さが異次元すぎる
・黒髪から白髪へ
・ルートv14から隻眼の梟を通したのではないか

 

有馬貴将の強さは先ほどから言っているので
説明はいりませんね。

 

高い身体能力をもつとされる喰種をここまで
圧倒するなんて喰種以外ありえないのかもしれません。

 

CCGでは、現在喰種化計画の兵士
『クインクス』を導入してますからね。

クインクスってなに?

 

有馬貴将は今は白髪ですが、
以前は黒髪でした。
確か、突然白髪になったっていう設定でしたよね?

有馬黒髪有馬貴将

 

黒髪から白髪になったといえばもちろんこのキャラ・・・
カネキ

黒カネキカネキ

 

カネキもヤモリの拷問後、
黒髪から白髪へと変化してます。

 

そして、それから力が覚醒
以前とは比べ物にならない力を手にしています。

 

黒髪から白髪が喰種の根拠とはいえないですが、
カネキと何かしらの関係性があったりするのかもしれませんね。

 

ルートv14から隻眼の梟を通したんじゃないか?
これは「ん?」ってなった人が多いかもしれません。

 

東京喰種最終話にて、
隻眼の梟がCCGの前に突如現れましたよね。

 

地上はCCGの包囲網が敷かれてるので、
気づかずに姿を現すには地下を通るしかないんです。

 

そして、地上に出るためには
ルートv14を通らないといけないですよね?

 

ということは・・・

 

もしこの予想があたっていたら恐ろしいです。
最強の喰種と最強の捜査官が
手を結んでいるということになるんですから。

 

以上、有馬貴将にまつわる秘密でした。
有馬貴将に関してはまだまだ謎が多いです。

 

東京喰種:reはCCG視点の物語なので
有馬の登場機会も増えるかも?

 

今後の展開をお楽しみに。

 

 

有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

有馬貴将過去

有馬貴将の過去の謎はこちら

 

 

他の考察も読みたい方はこちら
考察まとめへ戻る

スポンサーリンク


おすすめコンテンツ




コメントを残す


九 − 4 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ