有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

TAG index



東京喰種:re【ネタバレ14話感想】和修家の秘密が明らかに!

 

和修家の秘密が明らかに!!

 

14話の前後の話が気になる方はこちら!
前回のネタバレ

 

 

2015年1月28日発売
週刊ヤングジャンプ9号掲載

 

東京喰種:re
韻に触れる:14

 

和修一族

スポンサーリンク

簡易ネタバレ

 

ハイセとジューゾーが
和修政とオークション掃討作戦について班班話す

和修一族の秘密が明らかに

今回の作戦はかなり大がかりなものに

作戦直前、
クインクスメンバーそれぞれの様子が
描かれる

アヤトの元にタタラからの伝言を伝える
エトが

 

 

東京喰種:re
【ネタバレ14話感想】
『韻に触れる』

 

目次

・和修政
・喰種退治のパイオニア、和修一族
・超大がかりな「喰種掃討作戦」

・作戦直前のクインクス班

 

和修政

 

前回登場した新キャラ、和修政。
和修の名を持つキャラということで
個人的には注目キャラですが、

 

今回、和修政の詳細が明らかになりましたよ~。

 

和修政

 

階位は准特等、和修吉時局長の長男で
S2班のブレインを担う。

 

18歳でドイツのアカデミーに入学。

 

Ⅰ課の二等捜査官として最前線で戦い
喰種一族「ロズヴァルト家」を壊滅させる功績を残す。

 

上等捜査官になる24歳までをドイツで過ごし
帰国後はⅡ課に転課し、指導を担う。

 

アオギリの樹の被害状況を受け
日本に呼び戻されました。

 

和修政、見た目的には
インテリ頭脳タイプかと思ってましたが、
意外にも最前線で大活躍してたんですねw

 

和修政の続きですが、
彼はえげつないほど無駄を嫌う合理的思考タイプ。

 

当然、クインクスの存在にも疑問をもってるんですね~。

 

和修家でありながら親しみやすさをもつ
局長とは相反する性格なんで
CCG内では2人の不仲説がうわさされてますね~。

 

和修政、
なんだかいや~なキャラが出てきた感じw

 

なにこの圧倒的人を見下してる感w

 

和修政の話はこんなもんですが、
続いて和修家の詳細いきますよー。

 

喰種退治のパイオニア、和修一族

 

今回で東京喰種の中でも
全くの謎だった和修家の詳細が明らかになりました。

 

和修家とは、
独自の技術で喰種と刃を交え
喰種退治を仕事としてきた一族のこと。

 

喰種退治屋はいくつかあるっぽいですが、
その中でも和修家はトップレベルの活躍。

 

その活躍を聞いて
当時の和修家のトップ、和修大吉を長とした
喰種対策院を国が作りました。

 

この喰種対策院こそ、
現在のCCGの前身。
これができたのが、1890年のことです。

 

こんな前から喰種との戦いが続いてたんですね。
当時の和修家は侍みたいな姿で描かれてますw

 

喰種っていつからいるんでしょうか?
僕はてっきり、近代の実験で生まれた
化け物みたいなイメージでしたが、
どうやらもっと前からいるみたいです。

 

喰種が、いつ、どうやって生まれたのか?
喰種の起源にも触れていってくれたら
かなり面白いですね!

 

和修家はかなり冷徹な思想の持ち主で、
人を“数”としか捉えていません。

 

その思想の元、
和修家は最大の功績を上げることができましたが、
同時に最大の犠牲も生んでいます。

 

和修政がドイツで率いていたチームは、
その当時、最大の功績を上げると同時に
最高の負傷者も生み出してました。

 

確かに、人を“数”として捉えられる
冷徹な思考があれば仕事的には
最強かもしれませんが、
人としては信頼感に欠きます。

 

やる仕事が一人で成り立つことなら
その思考でもいいと思うんですが、
喰種捜査官の場合、そうはいかないですよね?

 

昇進すれば部下ができるし、
同じ班との協力もしなきゃいけない。

 

僕だったら篠原さんみたいな
優しい上司の元で働きたいw

 

てな感じで和修家の詳細は以上です。

 

まだまだ秘密が多いんで
これからも明らかになっていく感じでしょうね。

スポンサーリンク

超大がかり「オークション掃討作戦」

 

和修政の判断の元、
今回の作戦が徐々に決まっていきます。

 

ナッツクラッカーとの約束通り、
ムツキをオークションに参加させることに。

 

これは喰種たちに警戒させずに
内部から一気に攻勢に出るため。

 

和修一族らしい冷徹な采配w
だって、ムツキが任されたのって
完全な最前線ですよねw

 

そこに三等の捜査官を単独でむかわせるなんて
さすが効率主義w無駄な感情は一切ありませんw

 

でも、ハイセは反論します。

 

ハイセ
「ですが…!!」
「六月三等にはまだそこまで大きな任務は…」

 

和修政
「「ですが」?」
「「ですが?」とは、一等?」

 

めちゃくちゃな威圧感でハイセになにも言わせない和修准特等w
これ、和修准特等、絶対ハイセのこと嫌いだよねw
ハイセの考え方とかめっちゃ嫌いそうだもんねw

 

ここでジューゾーから提案が!
「僕もオークションに参加していいです?」

 

六月の友達ってことで
オークションに参加し
中からめちゃくちゃにするつもりですw

 

和修准特等はしぶしぶジューゾーの参加を認める。

 

ジューゾーが一緒ってだけで
めちゃくちゃな安心感!

 

ムツキ一人でどうなることかと思いましたが、
よかったです~w

 

和修准特等に呼ばれたのは
ハイセとジューゾーほ他にも
平子、アキラ、下口も。

 

今回の捜査はS2班と鈴屋班、
平子、アキラ、下口の上等捜査官の3名が
協力で指揮を執ります。

 

この「オークション掃討作戦」、
相当大きな捜査になりそうですね。

 

前作で言う、「アオギリの樹掃討作戦」くらい?

 

アオギリの樹掃討戦では、
カネキが拷問を受け、
喰種として覚醒する変化がありましたが、

 

今回の作戦ではハイセの身になにか大きな変化が
起こるんでしょうか?
楽しみですね~。

 

作戦直前のクインクス班

 

今回の作戦直前、
クインクス班のそれぞれの様子が描かれます。

 

その前に、アキラがハイセに言った言葉が印象的でした。

 

アキラ
「…この職務で上司や部下を失わないものなどいない」
「〔CCG〕は〔喪失者〕の集まりだ」

 

アキラ
「…強くなれハイセ強くなって“喰種”を殺せ」
「最も失わない者とは最も力を持つ人間のことだ」

 

どこか納得がいかない表情のハイセですが、
自分としてもこう解釈しています。

 

ハイセ
「…奪われたくなければ奪うしかない…」
「この世界はそういう風に出来ているんだ―」

 

喰種を殺す、
ハイセの性格的にはかなり難しいと思うことですが、
仲間を守るには必要なこと。

 

ハイセは喰種に情けをかけても
喰種は容赦してこないですからね。

 

ハイセの優しさが
部下を殺すことがなければいいのですが。

 

はい、こんな感じでいろいろ考えさせられた
アキラの言葉でした。

 

ではでは、作戦直前のクインクスメンバーの様子

 

まずは、ムツキから。

 

ムツキはかなり不安そう。
今回、一番危険なポジションですからね。

 

ムツキはクインクスでありながら
赫子を使えないんでほぼ丸腰状態で
喰種集団に突っ込むようなものw

 

今回の作戦でムツキの赫子が覚醒したらいいんですが。

 

次は、シラズ

 

シラズは相変わらず余裕そーw
超大がかりな仕事だっていうのに
ケラケラ笑ってますw

 

そんで、CCG恒例の遺書をハイセに手渡すんですが、
「遺書」の字が「随書」にw!?

 

ハイセ
「…」

 

もはや突っ込むのも放棄w
誰かシラズ君に突っ込んであげてくださいw

 

才子ちゃんはハイセに耳かきをお願いw
相変わらずの甘えっぷりw

 

才子も今回は作戦に参加するんですよね?
才子の実力が気になるところ。

 

実は、ダントツのクインクス適性ありだったんで
どんな赫子を使うのか気になりますね~。

 

瓜江は手術が終わって
ベットで寝ています。

 

瓜江にどんな変化が起きたのか気になります。

 

そして、今回一番気になるのが
ラストの1シーン!

 

アオギリの樹、アヤトの元にタタラからの伝言を伝えに来るエト

 

タタラからの伝言、超気になる~!
アオギリの樹も「オークション作戦」に
関わってくるのか!?

 

そしたら、マジで超展開で話が進みそうですね。
早く読みたい!

 

それでは、次回お楽しみに!

 

 

有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

有馬貴将過去

有馬貴将の過去の謎はこちら

 

 

14話の前後の話が気になる方はこちら!
前回のネタバレ

 

さらに東京喰種:reを知りたい方は?
考察まとめページへ

 

ネタバレ一覧へ戻る

スポンサーリンク


おすすめコンテンツ




コメントを残す


九 + 1 =

サブコンテンツ

このページの先頭へ