有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

TAG index



東京喰種:re【ネタバレ4話感想】トルソーがキタ・・・

 

トルソーがキタ・・・
ひなみちゃんがアオギリに!?

 

前回のネタバレ

 

2014年11月6日発売
週刊ヤングジャンプ49号掲載

 

東京喰種:re
未と師、視と屍:4

 

トルソー

 

簡易ネタバレ

 

トルソーに接触した少女はヒナミ

瓜江と不知はトルソー捜査が順調のようだ
ホリチエの情報で容疑者候補を特定できたらしい

琲世と六月は被害者の知人を訪ねる
被害者の身体には傷跡があるという共通点を見つける

病院付近にトルソーの被害者が多いことから
病院付近を中心に捜査開始

六月が獲物をとらえる目をしたタクシードライバーを見つけ
一人タクシーに乗り込む

突如、車を止め六月に襲いかかるタクシードライバー
六月が目をつけた男こそ「トルソー」だった

スポンサーリンク

東京喰種:re
【ネタバレ4話】
『未と師、視と屍』

 

目次

・トルソーに接触した少女はヒナミ
・瓜江・不知が「トルソー」を特定?
・クインケを内蔵した兵士
・六月が「トルソー」に接触

 

トルソーに接触した少女はヒナミ

 

前回のラストで「“樹”から言伝」と、
「トルソー」に接触した少女の正体はヒナミでした。

ヒナミ

 

ヒナミはクインクスの存在を知っており、
まるでお兄ちゃんみたいだね」と、一人思う。

 

すでに“アオギリの樹”にはクインクスの存在を
知られているようです。

 

ヒナミからの言伝は
「食べ過ぎだ」ということ。
CCGに目をつけられていることを警告しに来た。

 

ヒナミに「いつものを」と言われ、
カメラフィルムのような物を「トルソー」は手渡す。

 

「トルソー」も“アオギリの樹”のメンバーみたいですね。
「トルソー」を捕獲することができれば、
“アオギリの樹”に一気に近づくことができるかもしれません。

 

それにしてもヒナミちゃんの雰囲気はずいぶん変わりました。
見た目はあまり変わってませんが、
今までの幼い雰囲気がなくなった感じがします。

 

最大の疑問は「なぜ“アオギリの樹”で行動しているのか?」。
無理やり連れて行かれたというより
自分の意志で“アオギリの樹”で行動しているように見える。

 

カネキ側のヒナミちゃんが“アオギリの樹”にいるのは
残念に思う人が多いでしょう。

 

ヒナミちゃんの真意はいったい何なのでしょうか?

 

瓜江・不知が「トルソー」を特定?

 

ホリチエの情報で
瓜江・不知が「トルソー」と思われる人物を特定しました。

 

ホリチエは「トルソー」が不注意で現場に残していた写真に注目した。

 

その場で写真が現像されるインスタントカメラには2種類ある。
「MUJI FILM」と「Immortal」社という海外ブランド。
「MUJI FILM」が国内のシェアのほとんどを占めている。

 

2種の違いは、
「MUJI FILM」は「実際の色に近い鮮明な色に現像される」のに対し、
「Immortal」社は、「褪せた色で現像される」。

 

そして、今回「トルソー」が残した写真の色は褪せている。
つまり、「Immortal」社のカメラを使った。

 

「Immortal」社のカメラは海外ブランドなので、
専門店でなければフィルムを買うことはできない。

 

捕食現場の近くに住みフィルムを大量に購入した人物を探すと、
一人該当者を見つけた。

 

その人物こそ「トルソー」か?
ガチで推理物顔負けの展開を見せ始めた東京喰種。

 

カメラの性能の違いを利用した捜査という
身近にあるものを利用した捜査はかなり面白かった。

 

今後もこんな推理展開中心に進んでいくんでしょうか?
個人的には面白いと思いますが、みなさんはどうですか?

スポンサーリンク

クインケを内蔵した兵士

 

「トルソー」を特定した瓜江と不知はさっそく戦闘準備を整える。
アキラの元に予備の「クインケ」を受け取りに。

 

二人に支給された「クインケ」はプレーンタイプの「ツナギ」。
刀のような見た目のとてもシンプルなものだ。

ツナギ

 

自分の「クインケ」を持つには喰種を倒し捕獲する必要がある。
しばらく二人はこの「ツナギ」で戦うのか?
「トルソー」の赫子を「クインケ」としてつかうようになるんでしょうか?

 

「クインケ」は、総議長の和修常吉の父、和修吉雨と
ドイツ局長アダム・ゲッナーとの共同で生み出された対・喰種用武器。

 

銃火器しか対策がなかった当時、
「クインケ」の開発は革命的だった。

 

「クインケ」のおかげで喰種殲滅率は飛躍的に向上、
現在も喰種捜査官の主力武器となっている。

 

しかし、「クインケ」は形態変化をもたない分、
やはり赫子には劣ってしまう。

 

そこで新たに開発された最新の技術が、
クインケを内蔵した兵士」、つまり、「クインクス」。

 

「クインケ」を内蔵することで喰種の高い身体能力を手に入れ、
「クインケ」を扱うことで喰種の赫子に対抗する武器となる。
ほぼ喰種と同じ能力を持った人間が誕生したのです。

 

人間に元は喰種の赫子である「クインケ」を内蔵するという
倫理的にどうなのかぎりぎりのことを平気でやってのける喰種捜査官。

 

この手のやり方は最近の流行の漫画ではけっこうある設定ですよね。
巨人化の力を得た人間」や「虫の能力を持つ人間」など。

 

それに共通するのが、
「元々能力を持った人間」ではなく、
ただの人間が特殊な能力を持つようになる」という点。

 

今まではなかった力をもったときに、
「その人間がどんな行動をとるのか」
ここに興味が湧くのかもしれませんね。

 

六月が「トルソー」に接触

 

琲世と六月は前回たてた予想から
被害者の知人から情報聴取を続ける。

 

琲世の質問裸を見たことは?
喰種捜査官でなかったら一発で検挙ものw

 

捜査を続けていくと
次々とある共通点が見つかる。

 

「盲腸の手術痕」
「息子を生む時に帝王切開」
「病気で甲状腺を取り除いた」
「事故で10針縫った」

 

それは、傷痕
「トルソー」は傷痕のある女性に魅力を感じる喰種なのかもしれない。
琲世はこう予想する。

 

「傷痕がある女性に魅力」とはなかなかの変態っぷり。
まあ、人の自由ですが。

 

みなさんにも変態的な嗜好があったりしますか?
ちなみに私は・・・内緒ですw

 

「獲物にこだわりがあるなら」
っと、琲世が取り出したのは病院近辺の地図。

 

傷痕がある女性を好むなら
病院近辺で獲物を狙うはずと、琲世は予想。

 

地図に示された外科医院周辺を手分けして当たることに。

 

一人で病院の近くで張り込む六月。
ふと一台のタクシーが目に留まる。

 

そのタクシードライバーが見ているのは病院から出てきた女性?
「あの目…知ってるあれは獲物を狙う目だ」

 

六月はとっさにそのタクシーに乗り込む。
琲世が単独行動はしないことと言っていたのにも関わらず。

 

これは捜査官としての性なのでしょうか。
考えるよりも先に行動してしまう。
まあ、そうでなければとうてい命を救うことなんてできませんからね。

 

咄嗟に乗り込んだはいいものの六月は不安を感じていた。
「もし本当に…目の前の彼が「トルソー」だったら…」

 

嫌な予感ほど当たるもので・・・
しかしわからないな~お客様…

 

いきなりタクシードライバーが首をつかみ襲ってくる。
その眼は真っ赤に染まり赫眼に。

 

お客様は…“どっち”ですか?

 

六月の服をはがし、女だと確認した喰種はニコッと笑い、
「なんだやっぱ女じゃないの」

 

ラストはトラウマ必死の喰種の笑顔

トルソー

 

六月が追っていた喰種こそ「トルソー」でした。
にしても眼を見ただけで直感的に喰種と感じ取るあたり
捜査官としてかなり高い能力を持つんでしょうね。

 

六月の戦闘力はどんなものなのか?
「トルソー」とは誰が戦うんでしょうか?

 

次回が楽しみです。

 

前回のネタバレ

 

 

有馬貴将の知られざる過去が明らかに!?

有馬貴将過去

有馬貴将の過去の謎はこちら

 

 

さらに東京喰種:reを知りたい方は?
考察まとめページへ

 

ネタバレ一覧へ戻る

スポンサーリンク


おすすめコンテンツ




コメントを残す


1 + = 五

サブコンテンツ

このページの先頭へ